伝える

その時の時代や状況などによって、変化する物はたくさんあります。また逆に変化しない物もたくさんあります。
例えば線香をあげるという風習は、現在でも変わりなく行われている事の1つですよね。線香は作り方や種類などの違いはあっても、線香をあげる目的は現在も昔も変わらずに伝えられています。
このような例は、線香以外にもいくつか挙げる事が出来ます。

他には人の死に関わる葬儀での出来事でも同様の事が言えますよね。
そもそも人を弔うという葬儀のような行為は、ネアンデルタール人の頃からあったとも言われています。
また、葬儀のあとに埋葬されるお墓という概念も古墳から見られる通り、昔からあった物で葬儀と共に現在にも変わらず伝わってきた物の1つですよね。
とは言っても、現代ではお墓を作るという事もただでは行う事ができません。場合によっては何百万という費用が必要な場合も少なくないのです。
しかし、そのようなお金を用意出来ないと言う場合もあり、お墓の概念は現在変わりつつあります。

そこで最近利用する人が増えてきているのが納骨堂と言われる物です。
納骨堂とは、元々は遺骨を一時的に直すお堂の事だったのですが、現在ではお墓の変わりとして使用される事も増えているのです。
先ほども書いたように、お墓は決して安い買い物とは言えません。その結果、費用が安く済む納骨堂を使用する事が多くなっているのです。
また、納骨堂だと跡継ぎがいなくても入る事が出来るので、現代の核家族化などに適していると言えます。

このように風習や伝統は、目的はそのままで時代に合わせて少しずつ変化を遂げながら伝わっていくものなのです。

OUT LINK

どんな香りがあるのかなかなかわかりませんよね。線香を買うならここ。お客様の希望にお答えしますよ。
上品な香典返しならコチラで手に入れようきっと気に入りますよ
葬儀では欠かせない数珠は男性用のものをきちんと使っていますか?宗派によっても少し違うので、自分にピッタリのものを探してみてはいかがですか?
大阪でのご葬儀ならこちらにおまかせ。創業昭和6年の老舗ならではの充実したサービスで、満足できる葬儀を執り行うことができると思います。
大切な人だからこそきちんと見送ってあげたいですよね。葬儀 千葉でお考えなら、こちらの業者さんがオススメですよ。

archive

category

  • カテゴリーなし